様々なステップがある|フランチャイズの募集で夢を実現させよう!
ウーマン

フランチャイズの募集で夢を実現させよう!

様々なステップがある

食器

営業許可を得る

飲食店は気軽に開業することができるメリットがあります。しかし食品の取り扱いなどの営業許可を申請しなければならないなどの面倒な点もあります。初めて開業するには、役所へ提出する書類の作成や提出について申請項目が多く、手間暇がかかることです。まず保健所への申請があります。保健所は食品衛生や生活衛生などの課に提出することになります。設備なども許可が下りるようになっていないとダメですので新規に建設する際などは経営する前にこれらを確認しておくことが必要になります。例えば調理場と客席エリアは区切られていなければならないことや冷蔵庫に温度計を設置する事、食器棚は戸のついたものでなければならない、調理場の床や壁の材質に至るまで決められています。

集客方法の戦略

飲食店を経営する段階では、集客にもポイントがあります。立地や営業時間帯、サービス内容によってどのような顧客を集客するのかが変わってきます。これらによって飲食店サービスの広告手法も変わってきます。新聞折り込みチラシなどは販売に関する広告が主であるため、あまり使用することはありません。しかしデリバリーサービスなどを取り入れる際には、経営上効果的な戦略ともなります。できる限り口コミ等で紹介しつつ、インターネット等のサービスを併用することが飲食店の経営では主流になってます。専用サイトでの評価などはユーザーがつけるものになっていますので、信頼できる評価になっているのです。そのため飲食店業界はシビアともいえるのです。